次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

急上昇キーワード「 自動運転」とは!?

ニュース

急上昇キーワード「 自動運転」とは!?
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

自動運転車(じどううんてんしゃ)とは、人間の運転操作を行わなくとも自動で走行できる自動車である。英語では「autonomous car」と表記される。その他「ロボットカー」「UGV (unmanned ground vehicle)」「ドライバーレスカー (driverless car)」「self-driving car」などとも呼ばれています。
近い将来、車はすべて自動運転になるんでしょうねえ!
すでに自動運転車が試運転していますよ。
そんな自動運転について調べてみました。

自動運転車はレーダー、LIDAR、GPS、カメラで周囲の環境を認識して、行き先を指定するだけで自律的に走行する。過去には道路に磁気マーカーを埋め込む方式も開発されていたが、道路にマーカーを埋め込むコストがかかるためほとんど普及していない。そのため現在では基本的に車のセンサー主体で自動運転できる自動運転車開発が中心となっている。マーカー方式は、ガイドウェイバスとしてIMTSが過去に国内で運行していたが、現在国内では運行していない。

すでに実用化されているロボットカーとしては、イスラエル軍で運用されているあらかじめ設定されたルートをパトロールする無人車両[1]や、海外の鉱山、建設現場などで運用されているダンプカーなどの無人運行システム等がある[2]。

公道以外の限定された環境(鉱山、建設現場等)では、ロボットカーの需要が広がりつつあり、建設機械大手のコマツ、キャタピラー等の企業がロボットカーの販売を拡大している[3]。

一方で、一般人が公道で走行できる自動運転車はジュネーブ道路交通条約で常時人間の運転が必要であると定義されており[4]、法的にも規制されている為、2016年現在ではどこの国でも発売されていない。下記、自動運転レベル定義で、発売されているのはレベル2まででレベル3以上の自動運転車は市販されていない。しかし、ジュネーブ道路交通条約同様に常時人間の運転が必要であると定義されていたウィーン道路交通条約(ほとんどの欧州諸国が加盟、日米は未加盟)は人間によるオーバーライドと自動運転機能のスイッチオフが可能であれば規制対象としないと2014年に改正された[5]。これはレベル3までは規制対象としないという事である[6]。また、国連においても国際基準の改正を含む、自動運転車実現の国際基準作りが進められている[7]。

自動運転車の商品化、普及により、事故の減少、渋滞削減、CO2削減が見込まれている。

自動運転の定義[編集]

出典 http://ja.wikipedia.org

Live Archive: 新型ミニバン先行披露/自動運転技術「プロパイロット」発表記者会見中継

三菱(自) 自動運転デモ 低速追従走行機能

TOYOTAの自動運転技術

シンガポールで自動運転タクシーの実証試験が始まった

三菱自動車のアイミーブ

完全自動運転...

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。